保健師の求人│産業保健師に期待されている役割とは?

保健師 求人 → 産業保健師の求人 - メンタルヘルスケアの重要性

産業保健師の求人 - メンタルヘルスケアの重要性

産業保健師は企業で働く従業員の方の健康を守るというのが主な仕事内容になります。企業で働く人の中でかかる方が多い病気が、精神的なストレスによる病気と生活習慣病です。これらは年々増えており、企業の中でも問題視されており、それに伴って産業保健師の活躍の場も増えてきています。
保健師でもアルバイトとして働ける

症状が表に出てきていなくても、日々の仕事について何らかの不安や悩みを抱えている方は多く、潜在的に病気にかかる可能性のある方はとても多いとされています。産業保健師はそういった方のために、予防やメンタルヘルスケア、生活習慣の改善などをサポートしていきます。

メンタルヘルスに関しては、病気になってしまう方のほとんどの原因は、本人だけではなく、そういった過度なストレスを抱えこませてしまう職場環境にあると考えられています。産業保健師はそのため、社員の方々の健康相談に乗る事を通して、社内の労働環境を改善していくように働きかける役割も担っています。

企業内に保健師による相談のための窓口が設けられている事も多く、窓口では社員の方が他の人に個人や内容を知られる事がないように相談をする事ができます。誰かに悩みを打ち明ける事は症状改善の大きな一歩とされており、保健師がその悩みを聞く事で本人のメンタルケアを行うと共に、社内の職場環境の改善に役立てています。

対面での相談だけでなくメールでの相談もできたり、ストレスの診断テストを行っていたりと、保健師の健康に関する活動は多岐に渡ります。また、予防だけでなく、症状の改善の業務もあります。休職している方の症状改善のためのケアや最近職場復帰を果たした方に対してもその後の経過観察を行ったりします。

本人だけでなく、本人と関わる上司や人事の方とも連携してリハビリをしながらスムーズに元の仕事に戻れるように働きかけていきます。メンタルヘルスは職場環境と密接に関係している事が多く、保健師は健康を守るだけでなく、その根本的な解決策を探る役割を担っているとも言えます。

整形外科で働く看護師の特徴

看護師といっても配属された科や診療科によってかなり仕事内容や職場の雰囲気が違います。整形外科の場合は他の科よりも男性が多い傾向があるようです。なぜ男性看護師が多いのかというと、整形外科では力仕事が他の科と比べてたくさんあるのです。

骨折していて自分で動くことが出来ない患者さんもいますが、そうした方を動かすにはかなりの力が必要です。男性患者とか、大柄な患者さんのケアでは、パワーのある男性看護師が必要とされているのです。

また整形外科は手術が行われることが多く、骨折など重症の患者に対し緊急手術をする機会もたいへん多いのです。しかも手術には時間がかかりますから、手術室の看護師は体力がなければ務まりません。

緊急手術が多いということは、いつ重症な患者さんがやってくるか分からないわけで、精神的にも緊張を強いられます。でもいつも緊張し続けていては精神力が持ちませんから、柔軟に対応していけることが大切なのです。

とくに大災害が起こった時は整形外科の看護師は仕事が増えます。これまでに起こった大地震でも、整形外科への入院患者が多かったのです。地震直後は裂傷など比較的軽傷の患者さんが多いのですが、時間の経過とともに重症患者が増えていくのです。

大きな地震の後は現場がとても混乱していますし、病院が被災してしまうとX線などの設備が使えなくなることもあります。そんな悪条件の中で目で見たり触診することで患者さんの状態を把握しなければならないのです。

このような大災害の時でなくても、病院によっては整形外科は連日手術が行われることがあります。患者の中には高齢者や認知症の人もいますから、そうした人に対応するスキルも必要です。

先ほども述べたように、整形外科では男性が必要とされる要素もあるので、これから看護師を目指したい男性の方や、現在の職場であまり活躍できていないと感じている男性看護師の方は、整形外科を考えてみると良いかもしれません。